お金がない時に実践したい、持ち歩くお金の管理について

今ご自分の財布にいくら入っているか、すぐに回答することが出来るでしょうか。お金をきちんと管理するということは、ただ家計簿をつけるだけではありません。家計簿で収入と支出が目に見えてわかったら、次は使う分のお金の管理が必要です。必要以上のお金を使ってしまっては、赤字まっしぐらです。ここでは無駄な出費をなくすようにするポイントをご紹介します。


○お金がない時は、必要なお金だけ持って出る○

お買い物に行く際、カバンに入っている財布をそのまま持って出ますよね。ですがそこがちょっとした落とし穴です。余計な分のお金を持って出ると、お金がない人特有の「あれ買っちゃおう衝動」が出てきてしまいます。5,000円札が財布に入っていると、当たり前ですが買えるものが増えます。まだストックがあるけど一応買っておこう、あるか忘れたけど無いと困ると思うから買っておこうと、色々なものに手を出して買ってしまうのです。買うものをあらかじめリストにしておくことも大切ですが、誘惑に負けないように、そのリストに必要な予算のみ財布に入れるようにしましょう。


○いざという時のために一万円札をしのばせる○

買うものリストで予算が2,000円だった場合に、財布には2,000円を入れて外に出ることになります。ですがもし万が一、何かが起こってタクシーを使わなければならなくなった時や、緊急でお金が必要な場合があった時に困りますよね。そういう場合に備えて、10,000円札を財布とは別にしのばせておきましょう。普段はこのお金は意識せず、本当に何かが起きた時のためにとっておきます。

お金は自分達の生活に必要不可欠です。衣食住を整えるためにも、管理をすることはとても大切です。お金がないといって何も出来なくなってしまったら、まずは普段持ち歩くお金の管理から始めてみましょう。